金沙投注体育_线上游戏官网~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


就職?キャリア支援

ホーム > 就職?キャリア支援 > 就活レポート

就活レポート


TOKIWAの向こう側。
2020 年4月採用予定の企業内定者や、公務員試験に合格した在学生の声をまとめました。


国際的な経営学を学んできたスキルが
IT企業への就職活動に大きく活かされました。
小澤 洸太 さん 国際学部 経営学科(現?総合政策学部 経営学科)
日本アイ?ビー?エム株式会社 内定
茨城県立水戸商業高等学校 出身
IT 技術の発達により、社会は大きな変革期を迎えています。就職先としてIT 企業を考えたのは、その変革を牽引する業界から世の中の動向を見てみたいと考えたからです。しかし、IT 業界は理工系の学生が志望する分野。文系の自分が通用するのか不安はありました。そこで、様々なIT 関連企業のホームページをチェックすると、多くの企業が文系?理系に関わらず採用枠を設けている。自分にもチャンスはあると挑戦することにしました。そこで考えたのが、金沙投注体育で学んだ知識を最大限に活用すること。日本IBM は国際的に展開する大企業を顧客として事業展開しています。私は経営学科で大企業の組織やシステムを学んできたので、その知識が仕事に応用出来ることをアピールしました。常に更新されるデジタル技術ではなく、普遍的な社会システムを学んできた強味が、就職活動にも活かされたのではないかと思います。


同じ夢を持つ仲間との学びや大学のサポートで
人間的にも成長することが出来ました。
片山 佑花 さん 人間科学部 教育学科
茨城県公立中学校教諭(社会科) 内定
茨城県立水戸第三高等学校 出身
社会科の教員免許を取れると知り、金沙投注体育の教育学科に入学を決めました。中学生の頃から社会科の勉強が好きで、社会科を学ぶ楽しさを子どもたちに伝えたいと思ったからです。大学の授業で採用試験に最も役立ったのは、教育実習の事前?事後指導で行われた模擬授業です。自分が計画した授業を展開し、先生方や友人たちに評価してもらうと、それまで気付かなかった改善点が見つかりました。さらに、友人たちの授業から良い点を吸収することも出来たので、自信を持って採用試験に臨めたのだと思います。本当は、自分が教員になれるかどうか不安な時期もありました。しかし、教職センターでの採用試験対策講座やキャリア支援センターの手厚いサポートのおかげで、いまは自分なら出来ると信じられるようになりました。今回の活動を通して、人間的にも少し成長出来たのではないかと思います。


地域に密着した実践的な授業を通し
これからの仕事に役立つスキルを養えました。
堀江 優也 さん 国際学部 経営学科(現?総合政策学部 経営学科)
大和ハウス工業 株式会社 内定
茨城県立太田第一高等学校 出身
金沙投注体育の学びの特徴は、地域に密着した実践的な活動にあります。経営学科では、ビジネス専門演習という授業で企業に協力していただき、販売促進の企画から店頭での実施まで経験することが出来ました。私のグループは服飾品の販売を担当し、ファッションショーを開催。販売の難しさや楽しさを実感しました。商品の特徴を理解し、その良さをお客様に伝えるスキルを養えたことは、今後の仕事に必ず役に立つと思っています。大学選びはそこで何を学ぶかが重要です。自分の目標に向かって頑張ってください。


心理学の学びが、人生をサポートする仕事を
目指すきっかけになりました。
小川 楓 さん 人間科学部 心理学科
第一生命保険 株式会社 内定
明秀学園日立高等学校 出身
金融関係に興味があり、大学3年のときにファイナンシャルプランナーの資格を取得。銀行や証券会社などを中心に企業研究を行いました。その中で最も惹かれたのが生命保険会社です。私は心理学科で認知症や社会生活が困難な人たちへのカウンセリングを学んできたので、より良い人生をサポートする仕事に就きたいと思ったんです。生命保険は家族の誰かが亡くなったときだけではなく、加入者の生活を支えるために支払われるプランもあります。金沙投注体育で、生きることの難しさと支える大切さを学ぶことが出来ました。


病院や施設などで必要とされる社会福祉士に
金沙投注体育でチャレンジしてください。
川上 陽菜 さん コミュニティ振興学部 ヒューマンサービス学科(現?人間科学部 現代社会学科)
牛久市社会福祉協議会 内定
水城高等学校 出身
福祉に関心があり、社会福祉士の資格が取れる学科を選びました。大学の授業で、強く印象に残っているのは施設実習。ある程度の知識は身に付けたと思っていたのですが、福祉の現場は厳しく自分の未熟さを思い知らされました。しかし、それと同時に大きなやりがいを感じたことも事実。大学で学んだ知識と実践の経験を活かし、福祉の向上に努めたいと思いました。社会福祉士は、病院や施設などにも必要とされる重要な職種です。皆さんも金沙投注体育で、社会福祉に関して学んでみてください。


コミュニケーションの大切さを再認識する
就職活動になりました。
薄井 遥香 さん 人間科学部 コミュニケーション学科
株式会社 アプリシエイト 内定
茨城県立水戸第三高等学校 出身
ホームページの作成などに興味があり、IT 関連の企業に絞り込んだ就職活動を行いました。活動は比較的順調で、県内の2社から内定を取得。これで終わりにしようと思っていたときに、金沙投注体育の職員の方から紹介されたのがアプリシエイトです。この会社は私が所属するボランティアサークルの支援活動に参加していたのですが、IT 関連企業だとは知りませんでした。コミュニケーション学科は、対人やメディアなど様々なコミュニケーションを学ぶ学科。まさに、人との繋がりの大切さを再認識する就職活動でした。


地域の実態を調査するフィールドワークには
様々な出会いが待っています。
倉本 啓雅 さん 人間科学部 現代社会学科
小美玉市役所 内定
茨城県立石岡第一高等学校 出身
社会調査実習の授業で、行方市の高齢者福祉や廃校などの調査を行ったことが市役所に勤めたいと思ったきっかけです。市役所の職員には事務的なイメージがあったのですが、共に行動すると認識が大きく変わりました。実際は地域住民との交流を通してより良い環境づくりに取り組んでいて、私たちの調査に対しても積極的に協力していただけたのです。フィールドワークは、地域の実態を調査すると同時に多くの人たちと出会う機会を与えてくれます。実学を大切にする金沙投注体育で、将来に役立つ実践的な学びを体験してください。


公務員試験対策が充実している金沙投注体育で
国家公務員を目指してください。
永山 聖大 さん コミュニティ振興学部 地域政策学科(現?総合政策学部 総合政策学科)
東京国税局 内定
水城高等学校 出身
税務署に勤める叔父の影響で、国税専門官を志しました。しかし、国家公務員試験は難関です。試験対策はかなり厳しく、大学3年からはひたすら勉強を続ける毎日。それでも、本当に実力が付いているのか不安になることもありました。そんなとき役に立ったのが大学での授業です。受験科目に関する講義を受けると自分のレベルを確認することが出来、弱点を克服するきっかけになりました。金沙投注体育は公務員を志望する学生に向けて様々な支援対策を行っています。皆さんも、ぜひ公務員を目指して頑張ってください。


少人数で行う授業と実践的な対策講座が
教員への道を拓いてくれました。
山中 浩平 さん 人間科学部 教育学科
茨城県公立小学校教諭 内定
茨城県立鉾田第一高等学校 出身
小学校教諭になりたくて、教育学科の初等教育コースを選びました。実際に授業を受けて感じたことは、教員と学生の距離が近いこと。少人数ならではの授業が展開され、学生一人ひとりに手厚い指導が行われています。また、教員採用試験対策の充実も特徴の一つです。小論文対策講座も面接対策講座も、小学校の先生として働いていた方が特別講師として担当。現場からの視点でアドバイスをいただけるので、とても勉強になりました。金沙投注体育の教育学科で学んだことが、採用試験合格に繋がったのだと思っています。


コミュケーション能力を十分に活かし
市民の健康を守る管理栄養士を目指します。
齊藤 千春 さん 人間科学部 健康栄養学科
つくば市管理栄養士 内定
茨城県立鉾田第一高等学校 出身
管理栄養士には栄養学の知識だけでなく、栄養指導を行うための医学的な知識なども求められます。その知識を地域のために役立てたいと思ったのが、公務員として働きたいと思ったきっかけです。市民の方々の健康を守るためには、食生活の大切さを分かりやすく伝えなければなりません。そこで必要になるのがコミュニケーション能力。金沙投注体育はグループ学習が多く、人の話を聴き自分の意見を伝えるという基礎的なスキルも学びました。ここで学んだことを十分に活かし、市民から信頼される管理栄養士を目指したいと思います。


四大と連携した就職試験対策で自信がつき
実力を発揮することが出来ました。
石橋 七海 さん 短期大学 キャリア教養学科
東日本旅客鉄道 株式会社(JR 東日本) 内定
茨城県立佐和高等学校 出身
JR 東日本に興味を持ったきっかけは、大学主催の就職支援バスツアーです。競争率の高い仕事なので短大生の自分が就職できるか不安でしたが、グループディスカッション講座などを通して四大生の中で自分がどうアピールすべきかを学び、自信を持って試験に挑むことが出来ました。活動を通して感じたことは、短大生を求めている企業は少なくないということ。短大で身に付く社会人としてのスキルを活かし、理想的な就職へと踏み出してください。


実践的な学びや友人たちとの楽しい時間が
短期大学には凝縮されています。
薗部 真優 さん 短期大学 キャリア教養学科
株式会社 ケーズホールディングス 内定
大成女子高等学校 出身
生活に欠かせない家電を通して、多くの人をサポートしたいと思ったのがケーズデンキを選んだ理由です。就職活動で実感したのは、授業の内容がとても役立つということです。「秘書学演習」や「ビジネス実務演習」などで敬語の使い方や社会人のマナーなどを学んでいたので、自信を持って面接に臨めました。短期大学は2年間の中に実践的な学びや友人との楽しい時間が凝縮されています。皆さんも常磐短大で、充実した学生生活を送ってください。


学科の先生やキャリア支援センターのお蔭で
公務員採用試験に合格しました。
武藤 穂乃華 さん 短期大学 幼児教育保育学科
水戸市公立保育所?幼稚園 内定
茨城県立水戸第三高等学校 出身
公務員採用試験を受けようと決めたのは一次試験の直前で、特別な準備は何もしていませんでした。特に二次試験にはピアノの実技や面接などがあり、頭の中は不安で一杯。そんなとき助けてくれたのが、学科の先生やキャリア支援センターのスタッフの方々です。ピアノの指導や模擬面接などを通して、自分に必要なスキルを的確にアドバイスしてただきました。公務員としての保育者を目指す皆さん、ぜひ常磐短大でチャレンジしてみてください。


学生をバックアップする体制が整っているので
自分から積極的に就職活動を行えます。
徳田 遥伽 さん 短期大学 幼児教育保育学科
あずみの森保育園 内定
茨城県立日立第二高等学校 出身
早く自立したいと県外の保育所や幼稚園を探していました。就職の条件は、音楽に力を入れていること。好きなピアノを活かして保育を行いたいと考えたんです。しかし、希望通りの環境はなかなか見つかりません。そんなとき、求人票で見つけたのがあずみの森保育園。県内の園ですが、先生方の特技を活かした保育が特徴です。この園が見つかるまで親身になって相談に乗ってくれた、キャリア支援センターのスタッフの方に本当に感謝しています。