国立病院機構水戸医療センターと金沙投注体育が連携し、幅広い看護系人材を養成する、看護学部看護学科を開設します。看護学の専門知識と実践的な技術の習得に加え、多様な健康ニーズに対応する柔軟な思考と、チームで協働する力を持って、地域が直面する健康課題の解決に貢献できる看護系人材を養成します。

  • 金沙投注体育 看護学部の特長

    ■看護学の基礎知識と実践力が身に付きます

    ■地域包括ケアシステムの学修で、地域社会に貢献できること力が身に付きます

    ■水戸医療センターで臨地実習をすることで充実した実習環境で学ぶことができます

    看護学部のキャンパスは、水戸医療センターに隣接する「桜の郷(さと)キャンパス」が拠点となり、金沙投注体育の中核である「見和キャンパス」でも学部共通科目や専門科目の一部を学修します。
    双方のキャンパスの利点を有効に活用し、質の高い学修ができる環境を提供しています。

  • 取得できる免許?資格

    ■看護師国家試験受験資格

    ■保健師国家試験受験資格(選択制20名)

    ■養護教諭一種免許状(選択制10名)

  • 看護学部キャンパス

    ■見和キャンパス

    金沙投注体育の中核キャンパスで、学生生活に必要不可欠な施設?設備をすべて備えています。

    住所:茨城県水戸市見和1丁目430-1

    ■桜の郷(さと)キャンパス

    国立病院機構 水戸医療センターに隣接する実習系の設備が充実したキャンパスです。

    住所:茨城県東茨城郡茨城町桜の郷280

    詳細はこちら